君の青い車で海へ行こう

今年は苦手なニットに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まだ門破れず

どうもこんばんわ(´ω`)










汗をかくのはやはり気持ちよいですな




汗まみれのジェントルメンアンダーウェアは臭く汚くみすぼらしいけど
















「頭が柔らかいうちは新聞を読むな」


と言われて何年経ったでしょうか




流石にもう読まないわけにはいかないですが










ロンドンで

北京オリンピック聖火ランナーの火を消そうとした人がいたみたいですね





新聞の大文字の見出しと写真を見て


またもやフラッシュバック


最近、こんなことが多い気がします













姉の恩師(中国人)の親御さんが亡くなった時の話




ロンドンで結婚し、中国に住む親をイギリスに招いたのだ


その数年後に、親御さんは亡くなってしまったが


その親御さんは娘夫婦にこう言ったそうだ




「私は人生の最後の最後で自由を手に入れた。君達のおかげだよ。

子供や孫達と暮らし、自由に出掛けられて、買い物できて、演劇を楽しめて…。

これが本当の自由と幸せだったんだ。ありがとう。素敵な人生になった。

約束してくれ。私の灰は一欠けらも中国に送らないでくれ。この素敵な自由な国に埋めてくれ。

あの国には絶対送らないでくれ。」









俺自身がこの話を聞いたのは

この出来事の数年後だったが

語る姉の恩師と一緒に泣いてしまった


















朝っぱらからシンミリした気分になってしまった

結局、その新聞記事には目を通さなかった









反中だの親中だの

そういった騒ぎを身近で聞くようになる前に



俺自身にはこの話が強く深く印象に残っている



日本に来ている中国人

海外で会う中国人


彼らの生の声は悲痛で衝撃的



とある中国人留学生は

どの反中日本人より激しく中国を、母国を否定していた





国のことは

その国の人達から聞くと、やはり凄みが違う












国籍の違う人たちの集団に入ってしまえば


こんな俺でさえ日本代表である









日本と、お隣の国と、反対側の国に想いを馳せて




今夜のところは、おやすみなさい
















それじゃ、また
スポンサーサイト
  1. 2008/04/07(月) 23:41:52|
  2. 日常
  3. | コメント:2
<<まるに乗るしかく | ホーム | 新ナントカ>>

コメント

中国って気が付けば あまり情報がないので わからないことばかりだね ヒナ達が電波等で見聞きしてる事は もしかしたら捏造情報かもしれないし 悪いところを ピックアップして大げさに流してるのかもしれない 日本で中国人(日本語がしゃべれる人達)とお話する機会があった時 「いい人達ばっかりやん」これが 正直な印象でした 小学生や中学生もびっくりするくらい 勉強熱心だし(日本の同年代の子と比べると かなり差がある 中国の子は 休みより勉強したい 言ってた・・・)素直です 
情報って怖いね 日本も同じような視点で報道されたら 今の中国ぐらい 最悪に映ってるかもね
  1. 2008/04/09(水) 11:27:20 |
  2. URL |
  3. ヒナステラ #-
  4. [ 編集]

互いに変な国なのかも知れないね~

俺は両国とも好きだが、姉の恩師の親の台詞は、中国に媚びうる人たちに聞かせてやりたいと思う(´ω`)
  1. 2008/04/09(水) 22:00:20 |
  2. URL |
  3. ユイファ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆいさん

Author:ゆいさん
携帯電話とマウスを間違えます

背景は目に優しい黒

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。