君の青い車で海へ行こう

今年は苦手なニットに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バター大国



どうもみなさんこんばんわ(´ω`)



さすがに湿気が出てきましたね

コーヒー豆の保存に悩みます















駅の売店でも


喫茶店やホテルのラウンジでも


まぁ新聞は置いてあるわけで




街のあらゆるところで

新聞を読んでいる人もいます








昔、どこかの大人にこう言われたことがあります



「スポーツ新聞を読む大人と日経を読む大人、どっちになりたい?」



エライ極論ですが、今の私ぐらいの年齢の人間なら日経をとるのでしょうかね(´ω`)




スポーツ新聞と日経


まぁこの2つには大分違いがありますが

他の新聞はどうなんでしょうかね

毎日新聞や朝日新聞などありますが



えーっと…

日経

毎日

朝日

産経

読売

主要5大新聞はこんな感じですかね

発行部数などはわかりませんが(´ω`)



これらの新聞に決定的な違いはあるんでしょうか

じっくり読んだことはないですが、あれこれ考えてみます





日本は最も新聞を読まれる国の一つです


その中で、読む新聞ごとの「派閥」が一般には存在してないことから、大きな違い(支持する政党など)は無いと判断します



『○○内閣支持率低下』

という見出しは一緒だし、そのページに書かれている内容も大差ありません






それじゃ読み手からして、5つのうちから1つを選ぶ理由はなんでしょう


野球のチケットとかですかね(´ω`)

ブランドイメージ?


よくわかりませんが












少し話がかわります




私たちが暮らしている日本のお隣さん


大韓民国、北朝鮮、中華人民共和国




韓国はともかくとして、北朝鮮と中国の2国は

情報の規制が厳しいイメージがありますね





北朝鮮はあまりにも特殊な国なので置いておくとして

中国は急進する近代化の割には・・・って感じです( ,,´・д・`)








面白いデータがあります


国境無き記者団が年1回発表する「世界報道の自由ランキング」

06年の順位は

日本51位

韓国31位

中国163位

北朝鮮168位(最下位)

となっております(´ω`)



日本の順位は年々下がっていて

その理由としては

マスメディアのエンターテイメント性への偏重

メディア側の不祥事

排他的な記者習慣

等など…








不祥事

と書いてふと思ったのですが


なぜ一般人がやれば犯罪で

役人や大手企業職員がやると不祥事と表現されるのだろうか



なぜ政治家が使うお金は公的資金で

我々から差っぴかれるお金は税金と表現されるのだろうか




報道の自由度ランキング51位の日本が行う、言語誘導らしきものが見え隠れしていたり(´ω`)










話を戻しましょう







日本の新聞達は、みんな常に一方向に向いています

例えば、新聞がどの政党を支持するかなどははっきりさせず、国民の味方というイメージを強調していますように

つまり新聞をよく読む国民の思考も少なからず一方向に偏っていきます





ものすごい大げさな表現をしますと

中国や北朝鮮と同じ「洗脳」と呼ばれる特有のシステムと同じです(;´ω`)












新聞発祥の地、イギリスはどうでしょうか


またイギリスが出てきましたね(´ω`)










イギリスの各新聞はそれぞれ個性がはっきりしています

個性と言うか

新聞ごとの思考と方向です






ザ・サン

ミラー

トゥデイ



これらはタブロイドと分類される大衆紙です

芸能人やスポーツ選手の浮気やら何やら

有名人の裸など

面白ければ何でも載せてしまう新聞です


日本で例えるなら

フライデーの日刊バージョンみたいなものでしょうか


ロンドンで先進七カ国会議があっても

「くだらんお祭り騒ぎ」と断じて少し批判してそれっきりです




もちろん、政治や経済も扱っているモノもありますが…

とはいえ娯楽性を重視した新聞には変わりないので


国民が政治経済に対して知識を付けることが都合の悪い保守党にとっては、タブロイドは大きな味方となっているかもしれませんね(´ω`○)







インディペンデント

ガーディアン

フィナンシャルタイムズ



こちらはクオリティと呼ばれる新聞です


こちらはタブロイドとは対極に位置しているのではないでしょうか(´ω`)


イギリス国内にとどまらず、ヨーロッパや世界の情報すら提供していたりします





先程の芸能人スキャンダルなどは全く出てきません


クオリティの中でも、新聞ごとに見解が全く違います




フィナンシャルタイムズなんか凄いですよ

世界の新聞を自認していて、世界中の情報を集めているだけあって、その日一面の見出しがイギリスの事柄であることが少ないくらいです





まぁ少し説明足らずな様な気がしますが

イギリスの新聞はこんな感じです


重要なのは読み手の方ですかね





イギリスの読み手もまた、日本の読み手とは違います

洗剤や野球のチケットで読むブランドを変えるようなことはしません


一度読む新聞を決めたら、よほどのことがない限り変えることはありません




貴方はどの新聞を読んでいるのですか?



この質問への返答を聞くだけで、その人の思考がわかってしまうほどに(´ω`)





情報や思考が偏っている人間が出来上がっているように聞こえますね




しかし、それはそれで問題なかったりします



私自身の実感なのでそこまで自信ありませんが

読む新聞ごとに集団ができるようになっているようです

A会社はa新聞を

B会社はb新聞を

C大学ではc新聞

等など…




複数の思考を持つ集団を作り上げるという意味では

日本のそれにくらべて優れていると思います(´ω`)




同じ思考を持つ者同士

違う思考を持つ相手と議論や世間話を行う場


それがカフェであり、パブであり…(´ω`)







さて


新聞の話はここまでにします






先程チョロっと出てきた「世界報道の自由ランキング」



日本は51位でしたね(´ω`)


他のG7の順位はどうなっているのでしょう

アメリカ 53位
イギリス 27位
イタリア 40位
カナダ  16位
ドイツ  23位
フランス 35位

BRICsは…

ブラジル 75位
ロシア  147位
インド  105位
中国   163位
南アフリカ44位

となっています



G7の中で日本とアメリカはそれぞれ51位と53位

これは少し考えどころですね(・ε・)



ランキング全体としては

北欧を中心としたヨーロッパが上位に目立っており

アジアは西から東まで順位は下です





さて、日本の中をめぐる情報はどこまで鵜呑みにしていいものやら


常套の決まり文句だけど

大切なのは自分の頭で考える事であったり(´ω`)





リネ



070515c.jpg



ユイファ改め紅ユイファになりました

よろしくお願いします(●´ω`●)ゞ


070515d.jpg



んで久しぶりに会ったるーあとパシャリ







070507a.jpg


ちょっとカッコイイTT




070606a.jpg


お?高い?高いのこれ?








070606b.jpg


サンクに拍手喝采





070606d.jpg


イベント参加は少しだけ

孤軍奮闘


070606e.jpg



拍手喝采^^






070606c.jpg




風ELF+ペット3+叩きWIZという超変則ペア(?)狩りIN21F

ウサギがよく切り離されてたよ(*´_●`)












それじゃ、また
スポンサーサイト
  1. 2007/06/06(水) 06:21:49|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<唐突随筆 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

昔新聞配達なんかしてたのは当然内緒(ry
  1. 2007/06/12(火) 09:27:12 |
  2. URL |
  3. 青炎 #-
  4. [ 編集]

昔、手書き新聞2ヶ月に1回発行してました。4コマ漫画のネタにうなされたことも1.2回www6年作って・・・新聞をおもう・・・毎日漫画書いてるやつすげええな・・と
  1. 2007/06/14(木) 19:27:30 |
  2. URL |
  3. 麟冬 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/06/18(月) 22:44:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

まぁ決して新聞マニアではありません(´ω`)
活字好きなのは昔からですがね

さて非公開コメントを残してくれたTさん
貴重なお話有難いですな。


日本の記者団の性質というのがやはりキーなのですかね(・ε・)
私が一番調べやすい点もそこであったりします

今度会ったら是非是非講義を拝聴したいですな(●´ω`●)ゞ
  1. 2007/06/24(日) 02:40:10 |
  2. URL |
  3. yui #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urausan.blog60.fc2.com/tb.php/47-3619bb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆいさん

Author:ゆいさん
携帯電話とマウスを間違えます

背景は目に優しい黒

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。