君の青い車で海へ行こう

今年は苦手なニットに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~オブさんと精霊と、時々、ボク~

久しぶりに夜中にリネ


まぁついさっきまでやってたのですが


今日までの課題がいくつかあったので


ちょっと遊んでログアウトしました



課題ファイルを見たら


なんとびっくり半分以上終わってました



過去の自分に感謝ですね









さっきのリネ





オブジョイン{3人で40F行かない?}


ユイファ{おー}


天むす{もう寝るわ}


オブジョイン{んじゃ2人でいこか}






え?

オブさんは自殺願望があるのかなと


だって私とですよ@@;
ELF同士で40Fペアなんて事聞いたこと無い私はそう思いました




どんな展開になるかわからず




1115.jpg



スタート


以前24Fで脚を引っ張った事がある私


今回は頑張ります




ヒールやらエンチャやら

補助的な方向で頑張る私

オブさんもヒールします



1115b.jpg




前から気付いていたんですけど

回復量が全く違う…



それでも

少ないMPを使って少ない回復量のヒールを送る私

回復面なら少しはお役にたてますよ~^^








1115c.jpg






貴重な役目1つEND(;´ω`)

不慣れな私への気遣いでしょうが…crz






難なく40Fに到着

凄いですやはり


私も気合を入れなおそうと思っていたら




「おい…」



ん?誰だ?

オブさんと私以外だれもいないはず…



「おい…邪魔だよ」


むむ?


1115d.jpg



声の主は赤く燃えるマッチョなオブ精霊

私よりHPが50位高い精霊

非常にタフなヤツです






1115e.jpg




圧倒され

すかさず道を明け渡す私



1115f.jpg




…(´ω`)



完全に3番手に成り下がった私



いや流石に余裕は無かったですね


自己ヒールの速度<骨達の攻撃なので


複数のタゲが来たときはヒール+POTじゃないとあっという間に真っ白です


そもそも後衛なのになんでタゲ貰うんだ

って話ですがね…



やっぱりAC下げーよっと


ロング売ってSXBかな








寒い夜の中

下半身はインナーしか穿いてなかったので寒かったです

スポンサーサイト
  1. 2006/11/16(木) 06:01:19|
  2. line
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3000曲の負債



どうもみなさんお久しぶりです





またかという感じですが




11月の連休を利用して


沖縄・石垣島に行ってまいりました





この前は宮古島



そして今回は石垣島




わかる人にはわかるでしょう(´ω`)目的が







普通ならデジカメで撮った写真とかを載せるのだろうけど



その辺はアナログな私であります


みなさんにお見せする写真はありません





11月でしたが


石垣島はまだ夏って感じですね

11月初旬の石垣=8月末の関東


といったところでしょうか








そんなこんなで


またもや顔を黒くして日常生活を送っています




温度調節ができず風邪を引きました

















1113b.jpg






1113c.jpg





1113d.jpg







DVCグッズが沢山落ちてました


1度では持ちきれず


4往復したのかな


ヘルムやら盾やらで20k獲得(●´ω`●)ゞ







1113e.jpg




高いよコレ









1113a.jpg





おmrぱえ^-^
  1. 2006/11/13(月) 13:29:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

豚足シチュエーション


注意 毒












前回の日記で



俺の困った友人Tのお話をしました




まぁなんで急にあんな事を書いたというと



彼は度重なる留年で


先日自主退学したのです


友人の退学とそれに関連する事を文章にしたくなったのです











彼は出会った頃と同じ一年生のままで


大学を去りました










夏の終わり辺りから


Tは「学校を辞めることになるかもしれない」

と口にしていました


親にどのように言われたか知りませんが


俺はまともに授業に出ていない彼の生活も知っていましたし


とうとうツケが回ってきたんだな

と感じました


今年の3月、Tの留年が決定しました

その時は

『来月4月からの前期、全ての単位を修得できたら学校を辞めなくていい』

という条件付きで許されました




しかし新しい年度になっても

Tの生活は変わらなかったと親は感じたのでしょうか

前期のテストの結果が出る前に

親はTに退学をちらつかせ始めました




まずいことに

Tは前期の単位を全て取れませんでした

しかも落としたのは必修授業の単位

ピンポイントで最悪の所を落しました



結局


Tは前期分全ての単位を取る、という約束は守れず

もはや退学を強制されても文句は言えない状況になりました








そしてとうとう

親から退学を宣告されたT


ある日Tは

「親に学校辞めろと言われた…就職しろだって」



と俺に打ち明けてきました



前にも言ったように

俺はTの親がどのような方かは知りません


だがTは末っ子

Tの下に子供が控えている訳でもないし

いい加減なまま学生生活を終えて

就職したとしても

授業を受けない理由が「一人が嫌だから」のTが

まともに働いている姿は想像できません

金銭面で困っているわけでもないので

俺は

「粘れよ!学校に行きたい、学校を卒業したいという気持ちをしっかり親に伝えるんだ!」

と彼に言い続けました



もちろん

全て都合のいい助言だと俺は承知していました
自分を偽り、無理をして彼を応援し続けました
10行位上の『だがTは末っ子』からほとんど嘘です

本当は

「学校辞めろって言われた…。どうしよう、辛いよ。社会人になるのが怖いよ」

と目の前でぬかしているTをぶん殴りたかったです


授業に興味をもてないのはいいさ

でもさ最低限の事もできず

散々回りに心配かけて困らせて

テスト期間中に

「テスト?へっへ~シラネ~ヤ」

とか言ってたくせに

いざ退学が目の前にくるとコレかい

しかもはっきり「学校辞めろ」と言われたのは

その時が最初のようで

Tはその時、反論することも無く

無言で引き下がったようです

それじゃ認めているようなもんだろ


アマちゃんだとは思ってましたが

まさかここまでとは…




大学に通えることは

非常に幸福なことだと思うのです

世の中には通いたくても通えない人もいるし

高額の授業料を払っているのだから

それ相応のものを得るべきだと思います

世に出なくても許される数年間

学校の授業だけでなく様々なことに費やせると思うのです


かつて家庭の不幸が重なり

高3の時に進学の道を閉ざされた俺は

切にそう思います







その後Tは

友人や恩師の後押しを受け

数回に渡り親との話し合いを行ったようです



Tが退学になる事は覆りませんでしたが

退学届けを出す前日

Tは清々しい顔で

「辞める事になったよ。何度も相談に乗ってくれてありがとう。これからはマジでしっかりやるわ。」

そう言ってました






なのに




M先輩や友人Aの家にパラサイトかよ…

しかも携帯切ってるしコイツ…

え?親からの電話が怖いって?

シバくぞコラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!





いい加減わかってくれ


学校を辞めることによって

俺やAとの縁が切れるわけじゃないんだぞ


辛いのはわかるさ

俺もそんな時期があったのだもの

でも一人で立っていかないといけない所に

今キミはいるんだぞ

みんな様々な形でキミに気を使うさ

誰かはあえて突き放す、キミが強くなれるよう

誰かは退学した事実を気にしないようにする、キミが傷つかないように

誰かはキミの相手をする、キミが孤独に負けないように

どれが正しいかなんてわからない

けどあえて突き放したり、あえて気を使わない人のことを

「アイツ冷てぇよ。ひでぇな」

とか言ってんじゃねぇ

そういう人たちの気持ちを察するべきだろう

構ってくれる人に甘えるな

いつまでも依存するな

友達というぬるま湯から出ることができなくなる





キミは言う

「やることはちゃんとやってるから」

本当かよ?と聞き返したいが

キミのプライドを傷つけてしまうだろう

俺は信じるしかないじゃないか





なんというか

Tと俺は全く違う惑星の生き物なのかもしれません

俺はこれからしばらく

Tとは会わないようにします

次会うときは

違う姿を見せてもらいたいです






我ながら痛い文章を書いてしまった

つい最近の出来事だからここで不満を爆発させました

落ち着いたら前回分と一緒に

消してしまうかもしれません
  1. 2006/11/01(水) 00:26:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ゆいさん

Author:ゆいさん
携帯電話とマウスを間違えます

背景は目に優しい黒

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。